2007年04月26日

九州電工がベイサイドの改装工事スタート

福岡のベイサイドプレイスは土地と建物を保有する第三セクターのサン・ピア博多が破綻してから、ベイサイドプレイスを取得した九州電工が今回改装工事を始めましたね。

今回はフードテーマパークをメインにして、建物の一階に展開し、運営自体は娯楽施設運営会社のナムコに委託になるそうです。工事期間中の渡船待合所はそのまま営業を続け、7月末ごろにはピエトロなど16店舗が入り、合計29店舗で順次オープンするようです。

工事費は約15億円、年間来場予想数は300万人を予想しているんだとか。年中無休営業なら1日に約8,200人がここに来ることになります。この数字は破たん前の2倍近い数字になるらしく、渡船を利用する人はあまり変わらないわけだから、単純にここにこれだけの人が来ると計算しているのでしょう。

ベイサイドプレイスの年間テナント料を4億円と見込んでいるらしいのでちょっといやらしいですが、計算してみました。(むちゃくちゃ粗い計算ですが)
すると1日当たり約110万円 1店舗当たりの1日テナント料は約4万円になります。毎日の来場数8,200人の内どれくらいの人がお金を使うかわかりませんが、かなりの売上を上げないと厳しそうです。

昔、私が子どもだった頃は、博多パラダイス、博多プレイランドといってこの場所はとても思い出深い訳で、個人的には今回の改装でまたこの場所がにぎわってほしいと願っているのす。ところで、このベイサイドプレイス正式名ご存知でした?
「ベイサイドプレイス博多埠頭」というらしいです。
posted by 福岡太郎 at 18:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 福岡経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。