2007年04月16日

フタタが新しくなった

フタタといえば福岡県民に限らず九州では誰もが知っている紳士服メーカーですが、ここにきてこのフタタの「スーツマン」という若者をターゲットにした低価格主体の店舗を「スーツセレクト21」に転換したそうです。スーツセレクト21はフタタの親会社のコナカ(横浜市)と運営形態を統一することで仕入れ、販売効率を改善するためだということです。

九州山口の7店舗のうち5店舗をすでに14日に変更。残り2店舗も将来はすべてスーツセレクト21になるそうです。すでに変更されたものは福岡市天神のフタタビル、福岡市博多駅筑紫通り店、長崎市ステラ店、熊本市熊本店、佐世保市大塔ジャスコ店です。

フタタといえば昔から馴染み深いものがあって、なんかだんだんと見慣れた町の看板が変わってゆくのも時代の流れなのかな〜と思うところありです
posted by 福岡太郎 at 16:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 福岡経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/38905810

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。